2009年10月27日

アナウンサー研修時代 久保田智子

久保田智子(くぼた ともこ)

1977年1月24日生まれ
広島県東広島市高屋出身
TBSテレビアナウンサー
「報道特集NEXT」「オレたち!クイズMAN」



ひょっこりアナウンサーになった私は、入社してから大変苦労した。

neko.jpg
日日猫猫


まずは研修でアナウンスの基地を勉強するのだが、無声化や鼻濁音を知らず、広島なまりのためかアクセントが狂ってしまう。

「アクセント辞典で調べなさい」

と先輩アナウンサーに言われたが、アクセント記号の読み方がわからない。

私の不出来ぶりに先輩も業を煮やし、何度か廊下に立たされた。


1分間で自由に話す「フリートーク」が一番苦手だった。

頭の中が真っ白になってしまい、内容も稚拙だと怒られた。

悔しくて、朝日新聞の天声人語を暗記して話したらすぐバレた。


やはり精神的に苦痛だったのだろう。

ある日突然、全身にじんましんが出た。

点滴をして、薬を飲んでも一向に治らなかった。

もがき、苦しみ、体中ががかゆくて、アナウンサーになるのは本当に大変なんだなと涙が出てきた。


よりによってそんな時に、入社して初めての収録が入った。

休ませてくれるようこ懇願したが、

「代わりもいなくて無理だ」

との返事。

「自分のテレビ初出演が、こんなぶつぶつ姿だなんて」

と悲しくなった。

だが、どうやらその番組の視聴率は1%くらいで、きついソフトフォーカスにされていたので、誰だかよくわからなかった。


つらい研修だったが、その分得るものも多かった。

終わる頃にはじんましんは消え、代わりにアナウンサーとしての自身が出てきた。


posted by idol at 08:52| Comment(0) | 久保田智子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。