2009年02月23日

宮川大輔、ドラマ「銭ゲバ」では執念の刑事役

擬音を巧みに使う軽妙な話術が、
芸人である彼の身上。

一方、ドラマ「銭ゲバ」(日本系)では主人公を執念で追う刑事役で、
確かな存在感を見せる。
堂々としたものだ。


「内心バックバクですよ!
ボクがメガネ取って標準語で話すのは、
がんじがらめの状態。
同道となんて、演出でそういうふうに撮っていただいているんやと思います」


連続ドラマへの出演が「シバトラ」「チーム・バチスタの栄光」と3作続いているが、

「出ているシーンを見るのはまだ、こっぱずかしい

内省的で「こんなんで、ええんかな」と、立ち止まっては考える。

「調子には乗れないんです。」

吉本興業に入った時も芸人目指して一直線ではなかった。

ほっしゃん。とのコンビ解散後に、宮本亜門や野田秀樹の舞台を経験。
しかし今は、お笑いに軸足を置く。

「それがあってこそ、ですから。牙は磨いてかんと」

(ライター・尾崎由美)

A0001739-02.jpg

宮川 大輔(みやがわ だいすけ)
生年月日 1972年9月16日
出身 京都府京都市 京都西高等学校(現・京都外大西高等学校)卒業。
既婚。
身長 169cm
血液型 B型


大輔宮川のすべらない話2 [DVD]

タグ:お笑い芸人
posted by idol at 21:01| Comment(0) | 宮川大輔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。