2009年04月26日

渡辺大、臨場で検視官心得の一ノ瀬和之

「臨場」(朝日系)で、
検視官心得の一ノ瀬和之を演じる渡辺大さん。


初の連続ドラマのレギュラーで、大役だ。

「短距離と長距離を同時に走っている感覚。

一方で想像力を働かすために脳みその中がぐるぐる回っている気もする」。


一ノ瀬は出世欲が強いエリートだが、
検視官の倉石義男(内野聖陽)とかかわることで変化する。


「彼も迷っているけれど、僕も同じ。
一緒に成長したい。」


台本を読んだとき、
内野のせりふの少なさに驚いた。

「主役なのに、なぜ?」

それが撮影に入るや、
う日野の一挙手一投足が気になる。

「圧倒的な存在感。

主役の意味が分かりました。」


父は俳優の渡辺健。

一時は注目もされたが、

「甘くない世界」

と思い知った。


それから8年。

「どんな仕事でも真摯(しんし)に向き合って行きたい」

今回、初の大役を父に報告すると、


「連ドラは流れ作業になりがち。
毎回テーマを決めて頑張れ」

と励ましてくれた。


「こんなこと初めて。びっくりせす。」

甘いマスクが思わずほころんだ(ライター平野和子)



渡辺 大(わたなべ だい)
生年月日 1984年8月1日
所属事務所 グランパパプロダクション
身長 184cm
血液型 A型
出身 東京都
学歴 青山学院大学卒業

俳優の渡辺謙の長男であり、モデルの杏の兄である。

tnr0808222017007-p1.jpg
posted by idol at 07:17| Comment(0) | 松田翔太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

松田翔太主演!東野圭吾原作「名探偵の掟」

名探偵の掟
金曜 PM11:15〜 テレビ朝日

出演:松田翔太、香椎由宇、ちすん、入江甚儀、木村祐一

【脱線気味の推理や捜査】


「凶器は斬新であるべし」といった、
ミステリーのお約束にこだわる【名探偵】ら。

その脱線気味の捜査を、コミカルに描く。


製作会社の経営者が旅館で死んだ。

3箇所に傷、周囲に血が飛び散った跡。

凶器がない。

経営者は愛人と一緒に旅館に来ていた。

浮気に悩んでいた妻も登場する。


探偵も天下一大五郎(松田翔太)は真実よりも華麗な推理にこだわり、
警部(木村祐一)と一緒に人物のキャラクターから犯人を
検討する。

女刑事(香椎由宇)がそんな二人にツッコミを入れていく。


原作は東野圭吾。

推理劇のなかで理想の推理劇について、
当事者の登場人物たちが「議論」するという設定が面白い

ただ、松田の迷探偵の演技は、やや説明的と筆者は感じた。(赤田康和)

2009.4.24朝日新聞試写室



松田翔太が少し苦手なので、
見るのを控えていましたが、面白そう♪
今夜見てみます^^


posted by idol at 13:16| Comment(0) | 松田翔太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。