2009年09月03日

田中麗奈「派遣のオスカル」

田中麗奈「派遣のオスカル」


この瞳が鏡の中に映えたとき、自分の気持ちを確かめる。

「よし、今日もできる」

瞳は、まっすぐに応えてくれる。

「自分と対話するという感じです。自分の目を見て『やるぞ』と」


月給19万円、派遣社員。

正社員を目指す面接ではドジを踏み、思うように自分を表現できない。

それが「派遣のオスカル」(NHK、金曜夜10時)で演じる三沢勝子だ。

勝子を奮いに立たせるのは、愛する少女漫画「ベルサイユのばら」。

負けそうになると、断層の麗人「オスカル」の声が響く。


「自分に自信がなかったり不器用だったり、
少し引っ込み思案だったりするのは、私自身と重なります。」

舞台に挑戦したときのこと。

稽古がうまくいかず、「とことん、とことん落ち込んだ」という。


全力で追い込んで、挑んだ本番。

無体用のメイクは自分でやった。

いつものように瞳を見つめた。

不思議と、楽しめる自分がそこにいた。


昨春の「猟奇的な彼女」(TBS系)が初の本格的な連続ドラマ。

「驚きの連続で、立ち向かっていく感じだった」

へれど、今回は「肩の力を抜いて、自分らしくできた」と感じた。

それでも「もっとできたのに、と悔しいことも出てきました。
それが次に行かせる」と、前を見つめる。


来年には30歳になる。

そのとき、どんな目をしているだろう。

「そうですね、たくましくいけたらいいなと思います。

たくましくしっかり地に足をつけて、無理せず、でも自分らしく、生きていける女性になりたい」

(朝日新聞be)


出演: 錦戸亮, 田中麗奈
51ZE15uWanL._SL500_AA240_.jpg
日本テレビ 24HOUR TELEVISION スペシャルドラマ2009 「にぃにのことを忘れないで」 [DVD]

posted by idol at 13:09| Comment(0) | 田中麗奈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。