2016年05月09日

月9、ラブソングの空一、切なさがいいなぁ

昨年11月に行列のできる相談所で明石家さんまの真実でさんま役をやった菅田将暉を見て、この子いいなぁ〜とググってみると、auの鬼ちゃんの子なんだ!!とビックリ。
同一人物だと思わなかった。

auの鬼ちゃんもお気に入りだったので、すっかり菅田将暉にはまってしまった。

調べてみると、仮面ライダーがデビューらしい。
なんと、2009年9月にこのブログでも紹介してるではないか!
自分で書いて全然気が付かなかった。

菅田将暉で検索してみると、
posted by idol at 22:17| Comment(0) | 菅田将暉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

仮面ライダーW(ダブル)−菅田将暉(すだ まさき)

菅田将暉(すだ まさき)


「夢中でしたね、仮面ライダークウガ、アギト・・・。7、8歳のころです。」

と話す16歳。

6日から放送の「仮面ライダーW(ダブル)」(朝日系)の主演の一人に約2千人から選ばれた、デビューする。

探偵・翔太郎(桐山漣)と彼の演じる少年フィリップが変身して、
1体の仮面ライダーになる。

「5月の半ばまで、大阪のフツーの高校生だった」彼には、芝居も何もかもが初めてだ。


「本当に難しいです。標準語だと、まだ感情もつかみにくくて。

例えば、『ダメだ、翔太郎』と止めるセリフ。

『あかん、アマエそんなとこ行って、どうすんねんっ』って、最初は一度、頭の中で関西弁に直して見ます」


顔に似合わず、声は低め。

学校のクラス、サッカーや高校のアメフト部でも司令塔ポジションを務めた、知将タイプだ。

けれど、心が開いているというか、構えてなくて話しやすい。


「人見知りではないですね。
ああ、確かに、電車の中とかで年配の方とも話せます。ぜんぜん大丈夫ですね」



菅田将暉(すだ まさき)
93年、大阪府生まれ
08年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで最終選考に残り、芸能界へ


51flZHOJb+L._SL500_AA240_.jpg
仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]

posted by idol at 12:41| Comment(0) | 菅田将暉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。