2009年10月14日

「ウェルかめ」主人公の親友、笹原綾 田中こなつ

中2からNHK連続テレビ小説のオーディションをしばしば受けてきたが、「ウェルかめ」でその夢がかなった。

主人公の坂本波美(倉科カナ)の親友の笹原綾を演じる。

夢見がちな波美と違い、綾は高校卒業後、町役場に勤めるが間もなく結婚、出産、育児、そして嫁姑問題にも直面する。


「私は結婚には関心ないし、綾のような人生は送れないと思う」


舞台は徳島。

その徳島弁のせりふは自宅の風呂か、カラオケルームで覚える。

「大声を出しても恥ずかしくないし、集中できる。
気分転換には、大好きなミュージカル曲を歌ってます」


ドラマの出演は初めてだ。

今春卒業した短大では演劇を専攻したが、
「ドラマのほうが面白い」と屈託がない。

大阪のスタジオのモニターに映る自分の表情やセットのリアルさに驚くなど、
新人にとっては何もかもが新鮮だ。


「毎日が楽しく充実してる」と、はじけるような笑顔を見せた。

(朝日新聞TVフェイス ライター・平野和子)


田中こなつ(たかな・こなつ)
88年、東京生まれ
雑誌のモデルを経て、08年、映画「スーパーカブ」に出演

51iHa2WntSL._SL500_AA240_.jpg
ウェルかめ―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
posted by idol at 16:40| Comment(0) | 田中こなつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。