2009年10月27日

小公女セイラ主演 志田未来

小公女セイラ
TBS系土曜PM7:56〜


ほっとできる家族団らんのシーンは少ない。


「暴言はかれたりとかビンタされたり、水かけられたりとか雨の中歩いたり、そういうシーンばっかりなので」


「小公女セイラ」で主役の黒田セイラ役を演じます。

seira.jpg
小公女セイラ〜リトルプリンセス〜


世界的な児童文学作品の現代版ドラマ。

セイラは、お金持ちのお嬢様だったが、父の突然の死で人生は180度変わってしまいます。

お嬢様から学校の下働きのメイドに。

こき使われ、いじめられる日々。

今日もそんな場面の撮影です。


しかし、彼女は「ちょとした違和感があります。楽しいです」屈託ないのです。

水を浴びせられるのも

「スタジオは屋根も付いていて仕切られているので暑いなあって。
(水掛けは)ちょっといい感じに冷たくなりました」


9月上旬、インドのジャイプールで5日間のロケを行いました。

父の仕事でインドに住むセイラがお嬢様として宮殿で暮らすシーンの撮影です。

「いじめられる前の夢のある、女の子だったら打rでもあこがれるプリンセスの生活の場面は楽しい」

「女の子は誰でもプリンセス」と、ドラマの中で繰り返すセリフそのままの女の子の素顔ものぞかせます。


ドラマ「14才の母」や映画「誰も守ってくれない」など苦労を背負う役が多いですが、近い将来やってみたい役は?と聞くと、

「ギャルとかヤンキーとかすごいひねくれた役です。

やったことの無い、今の年齢でしかできない役をやってみたい」

いじめる役もいい?と聞くと

「どっちがいいとかはないです」

と、きっばりした返答でした。


shida.jpg
志田未来(しだ みらい)

志田未来 2010年 カレンダー


志田未来
1993年5月10日生まれ
2005年7月 『女王の教室』(神田和美役)で民放連続ドラマ初レギュラー出演
2006年10月 『14才の母 愛するために生まれてきた』で連続ドラマ初主演、ブレイクする
posted by idol at 08:48| Comment(0) | 志田未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

小公女セイラ主演、志田未来

小公女セイラ
2009年10月17日(土)18:55〜20:54 TBS系


志田未来が演じるセイラをが運命に翻弄されながらも、誇りを失わず運命に立ち向かう。

今なお世界中の母から子へ読み継がれてきたあの大ヒット文学作品がテレビドラマに遂に登場!


幼い頃に母親を亡くした黒田セイラは、実業家の父・黒田龍之介にインドで育てられた。

娘の教育のことを考えた父は、セイラが高校生になる際に日本に帰国させ、セイラの母・薫子が通っていた全寮制のミレニウス女学院に入学させることにする。

天真爛漫で才色兼備なセイラは一躍クラスで一目置かれる存在に。

しかし、その後ふりかかる困難を誰も知る由はなかった。

果たして、セイラの運命は一体どうなってしまうのか!?

大金持ちのお嬢様が一転して一文無しに。

非常な運命に立ち向かう少女を描いた、世界的な児童文学作品の現代版ストーリー!


幼いころに母を亡くし、実業家の父にインドでお嬢様として育てられた黒田セイラ(志田未来)。

母の母校である日本の全寮制高校に入学するが、父がダイヤ高山で亡くなり、送金が途絶。

学校のした働きとしてこき使われ、いじめにもあう。


上品で、頭も性格もよく、またそれを隠さないセイラ。

嫉妬し、反発する者も出てくる。

にしても、セイラの父が亡くなったことを知ったとたんに、セイラの誕生パーティーをぶち壊す学院長(樋口加南子)や冷たく突き放す料理人は、極端すぎです^^;

posted by idol at 20:39| Comment(0) | 志田未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。