2009年10月20日

「その男、副署長」で船越栄一郎の娘 永井杏

その男、副署長
2009年10月15日から第3シリーズが放送



「馬場ちゃんですよね?って、今でも、街で声をかけられます」


ドラマ「女王の教室」(05年)の、クラスで孤立していた馬場ちゃん役で印象を残した。

小6のランドセル姿から4年、「その男、副署長」(朝日系)で演じるのは、主人公・池永(船越栄一郎)の高校生の娘・はるか。

多感な年頃で、父親との関係が難しい。


本人も高2だが、

「はるかは厳しすぎますね。
このセリフは、お父さん、絶対に傷つくなあって、かわいそうになります。

私はパパっ子なので。」


4歳のときに自動劇団へ。

将来は決めている。

「『ニコニコ日記』で初めて大きな役をやったとき、この仕事を続けようと」

小5だった。

以来、「つらいと思ったことは一度もない」


優等生ぶるわけでなく、独自のペースの持ちよう。

「ひどく落ち込むときが・・・」といっても、最大で3時間

「本当に忘れっぽくて。
だから、今、いやなことが頭の中にない。

前には希望だけ。キラキラ輝いています」



永井杏(ながい あんず)
美代子 (2009年10月20日 16:08) | コメント(0)

永井杏(ながい あん)

1992年9月19日生まれ
神奈川県出身
血液型はB型
身長156cm

1996年、4歳の時に東京児童劇団に入団
『ニコニコ日記』『女王の教室』など
posted by idol at 20:50| Comment(0) | 永井杏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。